MASAKAとは

高い安全性と環境低負荷型の実現
鉱物油、植物油問わず、油分分解に優れる。除菌効果は99.9%
※(財)日本食品分析センターの実験データより

MASAKAとは

洗浄剤としてだけでなく、副次効果が期待出来ます

  1. 汚れを細分化し、高い浸透力による洗浄力
  2. 優れた消臭力
  3. 除菌力
  4. 高い安全性(経口毒性が極めて低い)
  5. 防汚/帯電防止効果
  6. 金属洗浄への高い適合性(腐食性がほとんどない:防錆効果)
  7. 環境に低負荷でありながら優れた脱脂/洗浄力(油分分解性能)
  8. その他、副次的効果(防錆・軟水化・油分分解促進による水質改善)

人と環境に対して非常に安全、安心

原液は食塩の1/230以下の毒性で人体に対する経口毒性が低く、安全な商品です。 油や汚れをスムーズに分解/除去し、美観維持にも役立ちます。

様々な洗浄方法との組み合わせが可能

各種洗浄機(超音波・高圧洗浄・パワーウォッシャー)洗濯機、床洗浄機などの組み合わせが可能です。 ※洗浄剤を温めて使用することで洗浄効果が上がり、乾燥性も早まります。温度が上がると白濁しますが問題ありません。

ゴム・金属製品の脱脂洗浄に最適

ゴム、繊維、プラスチック、金属(金・ステン・アルミ・銅)についても従来の洗浄剤と比べ殆ど腐食がありません。

洗浄後、消臭・除菌・防汚効果があります(99.9%除菌)

洗浄後は消臭・除菌・防汚効果が高まります。台所、トイレ、靴箱、オフィス空間等の清掃にも最適です。加湿器に入れることにより、消臭、除菌もできます。

排水時の泡・臭いを抑え、水質改善を促します

排水における際の泡立ちが殆どなく、分解作用により油水分離層のニオイや油泥の低減に寄与いたします。

■本商品の経口急性毒性推定値(ATE)について

化学品の分類および表示に関する調和システム(GHS:Globally Harmonized System of Classification and Labeling of Chemicals)の勧告に基づいて当社の洗浄剤の経口急性毒性推定値を下記の通りにお知らせ致します。GHSとは国連による化学製品の危険有害性を示す枠組みであり、これまで国ごとに異なっていた人に対する危険有害性を国際的に統一し、一定の基準に応じて分類するものです。化学品混合物の急性毒性推定値については、製品の成分割合から計算式により数値を算出する方法となっております。下記の表の様に、危険有害性により、区分1~5に分類され(区分数値が低いほど危険度が上がります)、その製品の危険性を注意勧告します。
つまり、数値が大きいほど、口から入った場合の安全性が高い事を示します。

■経口急性毒性推定値(ATE)の区分

区分1 危険 飲み込むと生命に危険 5mg/kg体重
区分2 危険 飲み込むと生命に危険 50mg/kg体重
区分3 危険 飲み込むと中毒 300mg/kg体重
区分4 警告 飲み込むと有害 2000mg/kg体重
区分5 警告 飲み込むと有害のおそれ 5000mg/kg体重

※単位はmg/kg体重・5000mg体重以上は区分該当せず

■参考例

カフェイン 約200mg/kg:区分3
食塩 約3000mg/kg:区分5
ビタミンC 約12000mg/kg:区分5

■「MASAKA」の経口急性毒性推定値

「MASAKA」 698,000mg/kg:区分外(食塩の1/230の経口毒性レベル)
カフェインの約1/3500、ビタミンCの約1/58も経口毒性が低い値となっております。

Page Top